高校生の頃

高校生の頃

わたしはワキを自分で処理しました。
高校生の頃、お金がないので毛抜きで抜いていました。
抜いても生えてきますので、生えてくるたびに毛抜きで抜きました。
カミソリで剃ると生えてきたときにボツボツと黒い点が見えて
それが嫌だったので、毎日毎日ワキをみてマメに抜いていました。

 

姿勢に無理があって首が痛くなったり、目が疲れたりしながら
毛抜きを繰り返すうちにだんだん生えてくる毛の本数が減ってきました。

中には埋没してしまう毛もありましたので、毛抜きの端で皮を強引につかみ上げ
皮を破って中に埋もれた毛を引き出して抜きました。
そんなことを続け、数年後にはまったく毛が生えなくなりました。
自分的にはお金をかけずキレイにできたことに満足しましたが、
いま自分のワキをみて思うのです。

 

なんとなくボツボツしていて皮膚が滑らかではないと。
レーザーで処理するとボツボツにならないとどこかで目にしたことがあります。
当時は学生でお金がなく、思いつきで頑張ったのですが、
今はそれほど高額ではなく、ワキの永久脱毛をしてもらえる時代になりましたので
これから脱毛される方は自己流で行うより、レーザーで処理した方がよいのではないでしょうか。
当時のわたしに知識があれば、毛抜きで抜き続けたりはしなかったと思います。

毛抜きで一本一本

私が使用していた脱毛方法は毛抜きでした。
特に脇は、毛抜きで一本一本抜いていました。

 

毛抜きで抜くことによって、剃刀や除毛クリームを使用するよりも
毛の再生が遅く、長い周期でムダ毛を抑えることができました。
家庭用脱毛器等も使ってみたのですが、細かい部分がなかなかうまく処理できず
結局、毛抜きで処理をしました。

 

最初に毛抜きを使った時は、痛くて痛くて、涙を流しながら行ったものです。
一気に毛を引き抜いたときは、まだ良かったのですが、
抜きそこなったり、切れてしまった時は飛び上るほどの痛さでした。

 

そのうち、皮膚も麻痺してしまったのか、抜いても痛みは感じず
逆に快感へと変わっていきました。

また、肌の感触もすべすべになり、毛もどんどん細くなっていきました。

 

ただ、毛抜きで処理をしていると、毛が皮膚に埋まってしまったり
毛穴からバイキンがはいって膿んでしまったりと肌トラブルも多くなりました。
ニキビのような膿みを潰すと、ぽっかり大きな穴が開いてしまったり傷痕が残ったり。
そのうち傷痕が痛くてどうしようもなく、医者に通ったこともありました。

 

大人になってから、プロに脱毛をお願いしたので、
今では自己処理をすることはなくなりましたが、
たまに、毛抜きの快感が懐かしくなる時があります。

高校生の頃関連ページ

友人の話から
先日、友人が脱毛エステに初めて行ってきたという話を聞いた。「エステ」というと学生の私には少し距離感があるのだが、
アンダーヘアーを脱毛
夏場になると蒸れるのでアンダーヘアーを脱毛しているのですが、カミソリを使うと肌荒れが気になり
昔から毛深くて悩んでいました。
昔から毛深くて悩んでいました。 なんて、書いてしまえば1行ですが、 本当に本当に毎日嫌になるほど悩んでいたんです。
面倒くさいもの
無駄毛処理ほど面倒くさいものってないですよね。。
人目にさらすことが出来ない
私は毛が濃いので、処理しないと人目にさらすことが出来ないんですよね。
今の時代男性でも脱毛をしよう!
私の場合、両足の毛など毛深かったです。特に夏場などは毛が多くて、